食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

 財務省貿易統計による9月国産牛肉輸出量は38万7,706kg(前年同月比35.4%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約30tの減少。輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計12万4,230kg。次いで香港、台湾、米国と続く。表記以外(食肉速報に掲載)のその他国はタジキスタン、ラオス、英国など。9月分輸出額は26億8,754万円(35.4%増)となり、輸出単価は6,932円。輸出内訳は冷蔵17万8,411kg(13.8%増)で冷凍20万9,295kg(61.5%増)。金額ベースは冷蔵が前年比10.9%増、冷凍が64.6%増。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top