食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

農水省CSF・ASF防疫対策本部、注意喚起のステッカー作成

 農水省CSF・ASF防疫対策本部が27日、省内で開かれ、ワクチン接種豚の出荷が始まったことを受けて、今後の対策を検討した。江藤農相は「ワクチン接種された豚については現在11県から出荷が行われている。一方、ワクチンを打ったとしても飼養衛生管理基準の徹底が大切」と述べて、改めて職員に指導徹底を指示した。また新たな対策として「指導徹底のためにステッカーを作った。いままでビラを配るようなことはしていたが、ペーパーだとすぐなくなってしまう。今回は張りつけられるようになっている。農家に農場のさまざまなところに張っていただいて、飼養衛生管理基準の徹底が図られる」と述べ、農家に必要な枚数配布する考えを示した。

◆行政・統計

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

 農水省は12日、東京都内で「食料・農業・農村政策審議会 畜産部会(令和元年度第9回)」を開き、令和2年度畜産物価格案を諮問し、肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格をすべて据え置きとする諮問案を出席した委員の賛成多数で了承した。答申を受け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イ...
More

◆製品

More
Return Top