食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

沖縄でCSF52、53例目、江藤農相「アグー豚も感染で深刻な事態」

 農水省は8日、沖縄県うるま市でCSFの患畜について国内52、53例目を確認したと発表した。琉球在来豚であるアグー豚での患畜も確認された。これを受けて、同県で生産および処理された豚と猪、それらの由来製品に対する輸出検疫証明書の交付を一時停止。野生猪のCSF感染もない離島での確認はこれまでのCSF確認とは状況が異なり、緊張感が高まっている。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top