食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

CSF・ASF防疫対策本部、江藤農相「日本中で出てもおかしくない」

 農水省は9日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後のCSF・ASFの対策を検討した。江藤農相は沖縄への視察結果を報告し「沖縄県も大変な危機感をもって対処していただける。きょうも養豚農家の要請があり、承ったらスピード感をもって対応したいと思っている。沖縄県に27人の獣医師を派遣している。県のほうから数が足りないと報告があったため、追加の派遣をさせていただく。沖縄県知事から消毒の指示を出していただき、消毒が始まる。獣医師の派遣と消毒の資材などの経費は国が全面的に負担する。沖縄で出たということはいいかえれば、日本中どこで出てもおかしくない。もう一度、地方農政局もこの事案を重く受け止めて、飼養衛生管理基準の徹底をお願いしたい」と述べた。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top