食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

ニチレイフーズが新商品、業務用のアンガスビーフハンバーグなど

 (株)ニチレイフーズは10日、東京・中央区の本社で2020年春季新商品記者発表会を開催し、家庭用の冷凍新商品12品、常温新商品1品、リニューアル品17品の計30品と、業務用の冷凍新商品20品、常温新商品3品、リニューアル品10品の計33品をそれぞれ発表した。
 業務用商品の説明では松尾哲哉・執行役員業務用事業部長が登壇し、新商品の概要を説明。業務用マーケットについて「訪日外国人によるインバウンド需要や単身・共働き世帯の増加など、さまざまな環境変化に対応しながら緩やかに伸長している」としつつ、「生活者においては時短ニーズを満たす手軽さ、ユーザーにおいては深刻化する人手不足への対応などで冷食利用が拡大している」と話した。そうした中、マーケットを持続的に成長させるためには「生活者ニーズやユーザーの課題にキメ細やかにこたえることで外食や総菜の利用、加えてさらなる増加が見込まれるインバウンド需要を取り込める」と強調し、新商品の開発コンセプトである(1)進化し続ける″おいしさ"「定番品(ハンバーグ、クリームコロッケなど)のご提案」(2)For All Customers(業態ニーズにおこたえするオリジナル商品のご提案)—を紹介した。新商品のうち、「アンガスビーフハンバーグ」「アンガスビーフハンバーグ(トリュフ香るデミグラスソース)」の2品(写真は調理例)は、アンガス種の牛肉を使用し香ばしい肉の香り豊かなビーフハンバーグに仕上げたもの。独自の三つの技術である「ダブルベルトグリル」(両面高温焼き)、「マルチスチーム製法」(複数の温度での蒸し焼き)、「ブイヨンジュレ」(ジューシー感を実現)を駆使してふっくらジューシー感を実現しており、総菜売り場での販売を狙っていく。

◆行政・統計

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会が3月31日、コロナ影響により、書面を通して開催され、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針と家畜改良増殖目標、鶏の改良増殖目標について適当と答申した。 酪肉近で令和12年度牛肉の生産数量目標...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

食肉学校が令和2年度入学式、全国から新入生総勢40人迎える

食肉学校が令和2年度入学式、全国から新入生総勢40人迎える

 公益(社)全国食肉学校(重松幸正校長)は7日、群馬県玉村町の同校大教室で、令和2年度の入学式を挙行し、40人(総合養成科1年コース17人、前期コース7人、食肉販売科16人)の学生が入学した。今年度も食肉卸・小売などのプロフェッショナルとな...
More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top