食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

ニチレイフーズが新商品、業務用のアンガスビーフハンバーグなど

 (株)ニチレイフーズは10日、東京・中央区の本社で2020年春季新商品記者発表会を開催し、家庭用の冷凍新商品12品、常温新商品1品、リニューアル品17品の計30品と、業務用の冷凍新商品20品、常温新商品3品、リニューアル品10品の計33品をそれぞれ発表した。
 業務用商品の説明では松尾哲哉・執行役員業務用事業部長が登壇し、新商品の概要を説明。業務用マーケットについて「訪日外国人によるインバウンド需要や単身・共働き世帯の増加など、さまざまな環境変化に対応しながら緩やかに伸長している」としつつ、「生活者においては時短ニーズを満たす手軽さ、ユーザーにおいては深刻化する人手不足への対応などで冷食利用が拡大している」と話した。そうした中、マーケットを持続的に成長させるためには「生活者ニーズやユーザーの課題にキメ細やかにこたえることで外食や総菜の利用、加えてさらなる増加が見込まれるインバウンド需要を取り込める」と強調し、新商品の開発コンセプトである(1)進化し続ける″おいしさ"「定番品(ハンバーグ、クリームコロッケなど)のご提案」(2)For All Customers(業態ニーズにおこたえするオリジナル商品のご提案)—を紹介した。新商品のうち、「アンガスビーフハンバーグ」「アンガスビーフハンバーグ(トリュフ香るデミグラスソース)」の2品(写真は調理例)は、アンガス種の牛肉を使用し香ばしい肉の香り豊かなビーフハンバーグに仕上げたもの。独自の三つの技術である「ダブルベルトグリル」(両面高温焼き)、「マルチスチーム製法」(複数の温度での蒸し焼き)、「ブイヨンジュレ」(ジューシー感を実現)を駆使してふっくらジューシー感を実現しており、総菜売り場での販売を狙っていく。

◆行政・統計

7月豪雨被害状況、農林水産関係全体の被害は159億9千万円

7月豪雨被害状況、農林水産関係全体の被害は159億9千万円

 農水省の13日午後2時現在の7月豪雨に関する被害状況によると、農林水産関係全体の被害は159億9千万円となっている。 家畜は愛知、佐賀、熊本、大分、鹿児島で被害があり、すべての畜種あわせて10万5,143頭・羽、被害額は1.1億円にのぼっ...
More

◆トレンド

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

 新型コロナウイルス感染症に伴い、インバウンド需要が減少、また外出自粛による外食店利用の減少などを受けて、牛枝肉相場が暴落した。これを受けて、和牛肉の余剰在庫の保管・販売経費の助成として「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」を農畜産業振興機構が...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top