食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ニチレイフーズが新商品、業務用のアンガスビーフハンバーグなど

 (株)ニチレイフーズは10日、東京・中央区の本社で2020年春季新商品記者発表会を開催し、家庭用の冷凍新商品12品、常温新商品1品、リニューアル品17品の計30品と、業務用の冷凍新商品20品、常温新商品3品、リニューアル品10品の計33品をそれぞれ発表した。
 業務用商品の説明では松尾哲哉・執行役員業務用事業部長が登壇し、新商品の概要を説明。業務用マーケットについて「訪日外国人によるインバウンド需要や単身・共働き世帯の増加など、さまざまな環境変化に対応しながら緩やかに伸長している」としつつ、「生活者においては時短ニーズを満たす手軽さ、ユーザーにおいては深刻化する人手不足への対応などで冷食利用が拡大している」と話した。そうした中、マーケットを持続的に成長させるためには「生活者ニーズやユーザーの課題にキメ細やかにこたえることで外食や総菜の利用、加えてさらなる増加が見込まれるインバウンド需要を取り込める」と強調し、新商品の開発コンセプトである(1)進化し続ける″おいしさ"「定番品(ハンバーグ、クリームコロッケなど)のご提案」(2)For All Customers(業態ニーズにおこたえするオリジナル商品のご提案)—を紹介した。新商品のうち、「アンガスビーフハンバーグ」「アンガスビーフハンバーグ(トリュフ香るデミグラスソース)」の2品(写真は調理例)は、アンガス種の牛肉を使用し香ばしい肉の香り豊かなビーフハンバーグに仕上げたもの。独自の三つの技術である「ダブルベルトグリル」(両面高温焼き)、「マルチスチーム製法」(複数の温度での蒸し焼き)、「ブイヨンジュレ」(ジューシー感を実現)を駆使してふっくらジューシー感を実現しており、総菜売り場での販売を狙っていく。

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top