食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

食鳥協がマスコットキャラクター「二代目」公募、創立60周年で

 一般(社)日本食鳥協会は、ことし創設60周年を迎えるのにあたり「国産チキン あんしんも、おいしさも。」をコンセプトとした「国産チキンシンボルマーク」をさらに広く周知し、国産チキンの拡大をより一層推し進めるため、マスコットキャラクターの「二代目」を広く一般から募集している。
 キャラクターコンセプトは、「ニワトリ」をモチーフとし、協会のイメージを損なわず、万人に親しみやすく、着ぐるみに着させることを想定したデザイン。公募期間は、1月から3月31日まで(郵送は当日消印有効、Eメールは当日到着分まで)。応募の中から、最優秀賞(1点)と優秀賞(2点)を選出し、それぞれに賞状、賞金(最優秀賞10万円、優秀賞5万円)、5千円相当の鶏肉商品詰め合わせを贈呈。最優秀賞作品は、マスコットキャラクターとして、協会ホームページへの掲載、全国各地区のイベントなどで着ぐるみ・キャラクターグッズ等を作成し協会の事業推進活動に使用する。

◆行政・統計

鳥インフル9例目が福岡県で、香川県以外ではことし初の発生

鳥インフル9例目が福岡県で、香川県以外ではことし初の発生

 農水省は25日、福岡県宗像市の肉用養鶏農場(約9.4万羽)でことし国内9例目の高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜の確認を公表した。24日に死亡鶏が増加した通報を受け、福岡県が同農場に対し移動の自粛陽性と立入検査を実施。同日にインフルエンザ簡...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top