食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

豚肉マーケット展望—600円超え相場続く、出荷減で輸入不安定

 緊急事態宣言が発出されていた過去2年に比べ、ことしのゴールデンウイークは大きな制限なども出ておらず、各地で人流が増加。行楽や外食などの需要も復調の兆しがみられた。加えて連休後半は好天に恵まれたことでバーベキュー需要なども増え、焼き材の引き合いが強まった。バラやカタロースなどを中心に堅調な荷動きをみせた。
 一方、輸入物については慢性的なコンテナ不足により、恒常的に通関遅れがみられる。そのため、価格高騰や部位によっては欠品も出ており、タイトな需給が続いている。とくに顕著なのがベリーなどのアイテム。量販店などでは国産のバラやカタロースで代替するケースも多く、その引き合いはさらに強まっている。
 連休中は学校などが休みだったことから、給食などに向けたウデやモモの荷動きは比較的鈍かったものの、休み明けからは補充買いも含めて荷動きは堅調に推移。ひき材の荷動きについてもまずまずの動きをみせている。
 また、関東周辺の産地では豚熱の発生が続出している。大型連休明けも出荷頭数はそれほど多くなかった。例年、GW以降は出荷頭数が年間を通じて最も少なくなる時期だけに、今後も相場の下げ要因はあまり見当たらない。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top