食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

鶏肉マーケット展望—日本買い負け必至、韓国が輸入関税を撤廃

 韓国政府は7月20日から2022年末まで、鶏肉の輸入関税を0%とする。通信社「聯合ニュース」や韓国紙「韓国経済新聞」などによると、割当量は8万2500tで年間輸入量の半分程度に相当する。韓国が輸入する鶏肉の主な産地はブラジルとタイで、本来の輸入関税は20〜30%ほどに設定されているという。また、22年末までの輸入関税0%が適用されるのは鶏肉のほか、牛肉、粉ミルク、コーヒー豆、酒精原料、長ねぎなどとなっている。7月8日に尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が主催した第1回非常経済民生会議で発表された。ことし6月の消費者物価上昇率が前年同月比で6・0%と高水準になったことから、上述した農畜産物の関税引き下げを対応策とした。
 日本の商社などによると、以前から韓国系企業はブラジル現地で「アンサイズなど規格外の物でも、日本以上の高値で買っていた」「良い物を安く売れというのは日本企業くらい」との声がきかれていた。コスト高にウクライナ侵攻が追い打ちをかけた世界的な鶏肉不足により、あらゆる国でブラジル産鶏肉を奪い合っている状況だ。関税20%がゼロになるのだから、現地オファーが1割上昇しても、韓国内ではいま現在の1割引で販売できる勘定だ。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top