食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

福岡県の服部知事がセーフティーネット設立などの要望書を提出

 福岡県の服部誠太郎知事は21日、農水省に「国の施策・制度・予算に対する提言・要望書」を提出した。要望書では、スマート農場・DXの推進、輸出先国の規制緩和・撤廃の加速、肥料のセーフティーネットなどの創設等が盛り込まれた。
 原油をはじめとするエネルギー価格やさまざまな原材料、資材価格の高騰が、生活や社会経済活動に幅広く多大な影響を及ぼしており、国による対策の継続や地域の取り組みへの支援が必要であることから①肥料・飼料などの価格高騰に対応するセーフティーネットなどの創設・拡充②中小企業のコスト削減や代替品開発などに対する支援の継続③物価高騰による生活状況に応じた特別給付金の再支給等、生活困窮者への支援—–を提言した。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top