食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

量販店マーケット展望ー頻度品に消費集中、旧盆過ぎ需要冷え込む

 量販店ではゴールデンウイーク以降、精肉部門の苦戦が続いている。まん延防止等重点措置などの行動制限が完全に解除され、業務用需要が徐々にではあるが回復傾向にあること、ネット通販や生協などの宅配事業が堅調に推移していることなど、消費形態が多様化していることも要因の一つだろう。
 また、電気代や燃料費など継続的に出費する料金の価格が上昇しており、消費者の生活防衛意識がさらに強まっているため、高単価商品の動きが一段と鈍くなっていること、円安基調で輸入食肉の価格が底上げされており、販売者側が過度な価格訴求を行えない状況になっていることなども複合的に消費意欲を減退させている。8月には一定程度の需要が見込める旧盆商戦が控えるが、おそらくGWでみられたように、都市部と郊外で明暗が分かれることが予想される。気温や天候、コロナの感染拡大状況などの外的要因が与える影響はあるものの、都市部では焼き肉などの需要はある程度外食に流れ、郊外ではバーベキューを含めた内食需要が堅調に推移するものとみられる。
 ただ、旧盆が過ぎれば一気に需要が冷え込む可能性が高い。高単価商品の動きは限定的なものとなり、再び頻度品に引き合いが集中することになりそうだ。この2年半で大きく拡大した大容量商品や冷凍商品は落ち着きをみせているものの、〝セカンド冷凍庫〟という言葉が生まれたように、買上点数の減少に影響を与えている。切り落としや小間切れ、ミンチなどの商品は店舗の〝質〟を図る上で重視される商品ではあるが、そこに需要が集中するようであれば単価は伸び悩む。焼き肉やステーキといったハレの日需要の高単価商品を上旬にどこまで売り込むことができるか、8月の業績はそれだけで決定することになるだろう。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top