食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「銘柄豚肉ハンドブック2022」を発刊致しました

 現在、国産豚肉相場は前年を大きく上回る高値で推移しており、今後も高値を維持する見通しです。そうした中、ウクライナ情勢の影響や急激な円安等により、飼料価格も高騰しています。

 輸入ポークにおきましても、供給がタイトな中、円安が進んでおり、価格メリットの打ち出しがむずかしくなっています。また、国産豚肉にとっては年々、良質となりゆく輸入ポークとの差別化戦略が求められています。

 近年、国産豚肉のブランド化傾向が強まっています。ブランド化することで、他の豚肉との差別化を図るとともに、それぞれの良さ、個性を打ち出しています。

 これらを受けて量販店や食肉専門店といった小売店や飲食店でも、店舗のオリジナリティーを発揮すべく、積極的にブランド豚肉探しが行われております。

 食肉通信社ではこのほど「銘柄豚肉ハンドブック」の2022年版を発刊することとなりました。発刊にあたり、昨年秋ごろから全国のブランド豚肉の主たる生産者・出荷者を対象にアンケート調査を実施。その結果、425銘柄を収録いたしました。

 主な掲載内容はブランド名・ロゴマーク▽生産・出荷などの実施主体▽飼育管理の方法など(出荷日齢、出荷体重、給餌飼料基準)▽対象食肉の処理および出荷など(と畜場名、処理工場名、年間出荷頭数、主な卸売企業、販売指定店制度の有無)▽商標登録の有無、GI登録の状況、規約の有無▽輸出に関して▽ブランドの特徴――などとなっております。

 本書は隔年発行で、小売分野はもとより外食企業のバイヤーをはじめ、メニュー開発担当者ら幅広い分野から注目されています。商品政策の見直しやメニュー改訂時などの豚肉の導入の手引書として1社・1部署にそれぞれお備えただきたく、お早めの購入をお薦めいたします。

 図書名 銘柄豚肉ハンドブック2022▽体裁 B5版、240ページ▽定価 2200円(税込み、送料別)

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top