食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

米沢牛枝共の最優秀賞牛をキロあたり6,603円で(株)丸市が購買

 米沢牛銘柄推進協議会主催の「第42回米沢牛枝肉共励会」が7月28日、山形県米沢市の米沢食肉公社で75頭の良質な枝肉が出品される中、開催された。審査の結果、田中畜産(写真右)の出品牛(A5、枝肉重量494kg、BMS No.12)が最優秀賞を受賞、せりではキロあたり6,603円(税込み)で(株)丸市(写真左)が購買した。出品牛全体の格付けは5等級=65頭(86.7%)、4等級=10頭と米沢牛の共励会らしく高品質な枝肉がそろった。
 共励会は、新型コロナウイルスの第7波による感染急拡大の影響が懸念されたが、平均単価3,309円が示すように、ほぼ前年度並みの取引となった。観光需要が回復してきたことと、米沢市による「よねざわ食旅」の経済効果、そして全国からの取り寄せ需要が堅調に推移しているためと考えられる。田中畜産の最優秀賞牛は、脂質が良く、霜降りが全体的に細かく米沢牛らしい枝肉であった。税込みの格付別単価(円/㎏)は、次のとおり。A5=3,370円(前期=3,434円)、A4=2,891円(2,761円)

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top