食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

山本農相、東日本大震災から6年「風評対策は喫緊の課題」

 山本農相は7日の閣議後会見で、東日本大震災から6年になることを受け「被災地が復旧復興に努力され、確かな歩みをされていることに敬意を表したい。農地が8割復旧となるなど、こうした復旧には一定のメドがついた一方、福島原発事故、この影響はまだまだあるといわざるをえない。営農再開の支援策、風評対策は喫緊の課題」と述べ、今後について「28年度から復興創世期間の新たなステージで取り組んでおり、私も復興大臣であるとの認識で、地方創世モデルとなるような復興創世に取り組んでまいりたい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top