食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

山本農相整合性主張、米がWTOに日本の市場開放求める意見提出

 山本農相は14日の閣議後会見で、米国トランプ政権が日本の自動車と農業分野の市場開放を求める意見書をWTOに提出したことについて「定期的にWTO加盟国の貿易政策の審査が行われており、わが国でも審査会合が行われた。WTO事務局が作成した対日貿易審査報告書によると、前回の審査同様、わが国の農業に関して、一部の関税や特定の市場価格支持などについての記述がされている。この報告書に関し、米国を含む、多数の国から発言があった。これに対してわが国からは、わが国の農産物貿易政策、国内支持政策についてWTOの協定と整合的になっている。今後とも、農業競争力強化のために、生産資材価格の引き下げなどさらなる改革を進めていくという考えを回答している」と語った。

◆行政・統計

[畜産物卸売価格・3月]和牛去勢A4は598円安

[畜産物卸売価格・3月]和牛去勢A4は598円安

 農水省食肉鶏卵課がまとめた3月の畜産物卸売価格の推移(資料面参照、食肉速報に掲載)によると、豚の全国と畜頭数(速報値)は141万9,100頭(前年同月比6.0%増)となった。豚肉の「極上」「上」は東京が483円(6円高)、大阪が525円(...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top