食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

2月牛肉輸出146t弱、43%増で単価4%高、豚輸出は21%増

 財務省貿易統計による2月国産牛肉輸出量は14万5,760kg(前年同月比42.7%増)で前月比51%の増(4万9,053kg増)となった。輸出先国は表記(食肉速報に掲載)を含めて23カ国と前月並み。輸出量の多い国は香港、米国、タイ、カンボジア、シンガポールの順。

 表記以外のその他国は16カ国で多い順にオランダ4,700kg、アラブ首長国連邦4,567kg、英国2,925kg、ベトナム2,488kg、ベルギー1,363kg、ドイツ1,305kg、フランス535kg。ニュージーランド475kg、グアム445kg、フィリピン394kg、イタリア373kg、デンマーク324kg、カタール264kg、スイス233kg、北マリアナ諸島92kg、メキシコ24kg。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top