食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

飼料増産シンポに230人参加、国産濃厚飼料の最新動向学ぶ

 農水省などは13日、省内で「飼料増産シンポジウム〜国産濃厚飼料の可能性を探る〜」を開催した。230人が参加したシンポでは利用拡大の可能性がみえ始めた国産濃厚飼料の増産について全国の優良事例の発表などが行われた。
 冒頭、農水省の大野高志畜産部長が自身の畜産振興課長時代から現在までの飼料用米、エコフィードの動向を振り返り飛躍的に伸びているとした上で、今後の国産濃厚飼料の増産に期待を寄せた。

◆行政・統計

江藤農相、群馬食肉市場の豚コレラ対応視察「手本となる例」

江藤農相、群馬食肉市場の豚コレラ対応視察「手本となる例」

 江藤農相は11日の「農林水産省豚コレラ・アフリカ豚コレラ防疫対策本部」で同日の群馬県食肉卸売市場視察の結果を報告した。江藤農相は「大変しっかりとした対応をとっていただいていることに感心した。と場に入って出荷を済ませて出るまでに3回消毒する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は、通算13回目となるJPPA青年部会(橋本晋栄部会長)主催の国産豚肉消費拡大イベント「俺たちの豚肉を食ってくれ!(通称=俺豚)2019」を9、10日の両日、東京・日比谷公園(にれの木広場)...
More

◆製品

More
Return Top