食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[豚肉調製品輸入通関・3月]シーズンドなど合計1万1,657t

 財務省が公表した3月分の貿易統計によると、豚肉調製品のうち基本税率(定率20%)が適用されるものの輸入通関量は、カタを原料としたシーズンドポークを含む1602-42-090は、合計1万1,657t(前年同月比36.9%増)と1万tを上回り、前年同月比で大幅な増加となった。国別にみると、米国は9,022t(76.9%増)、カナダは836t(50.8%減)、メキシコは275t(20.6%増)、チリは174t(19.4%減)、中国は25t(35.9%減)

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top