食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

消費者委員会、監視体制、消費者への普及・啓発などで議論

 内閣府消費者委員会の第41回食品表示部会が6月29日、都内で開かれ、加工食品の原料原産地表示に関する審議の中で、食品表示法の監視体制、消費者への普及・啓発、国際整合性およびインターネットなどについて議論された。
 委員会の議論をふまえて出されたそれぞれの部会の見解は、現状の監視体制で加工食品の原料原産地表示を監視していくことについては、出席した委員から監視の基準、ルールがクリアでないなどの意見が出された。これに対し消費者庁から、手の内を見せられないの答弁があり、それらを総合して現行の監視体制ではむずかしいのではないかとされた。消費者への普及・啓発については、より効果的な普及・啓発を模索しながら実施する必要がある状況だとし、消費者庁が定期的に食品表示に関する周知の現状分析を行い、必要に応じて追加対応も検討する柔軟な対応が必要とされた。

◆行政・統計

来年度農水予算概算要求総額は前年度比20%増の2兆7,734億円

来年度農水予算概算要求総額は前年度比20%増の2兆7,734億円

 自民党の農林部会合同会議が党内で開かれ、令和3年度における概算要求(案)などが議論された。それによると、令和3年度概算要求の骨子案として、農林水産予算総額は前年度比20・0%増の2兆7,734億円が提示された。 概算要求の重点事項として、...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

全肉連「食肉惣菜創作発表会」、コロナ踏まえ形を変えて実施へ

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度食肉流通経営体質強化促進事業(食肉流通機能強化推進事業)で実施する「食肉惣菜創作発表会」について、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、従来とは形を変えて開催することを決定した。...
More

◆製品

伊藤ハム、米久ら「TANPACTプロジェクト」発表

伊藤ハム、米久ら「TANPACTプロジェクト」発表

 明治、伊藤ハム、米久、山崎製パンは24日、東京都中央区の日本橋三井ホールで4社共同による「TANPACTプロジェクト発表会」を開催した。 明治では、日本のタンパク質摂取量の低下や低栄養という社会課題解決に貢献する商品として、いつでも、どこ...
More
Return Top