食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

消費者委員会、監視体制、消費者への普及・啓発などで議論

 内閣府消費者委員会の第41回食品表示部会が6月29日、都内で開かれ、加工食品の原料原産地表示に関する審議の中で、食品表示法の監視体制、消費者への普及・啓発、国際整合性およびインターネットなどについて議論された。
 委員会の議論をふまえて出されたそれぞれの部会の見解は、現状の監視体制で加工食品の原料原産地表示を監視していくことについては、出席した委員から監視の基準、ルールがクリアでないなどの意見が出された。これに対し消費者庁から、手の内を見せられないの答弁があり、それらを総合して現行の監視体制ではむずかしいのではないかとされた。消費者への普及・啓発については、より効果的な普及・啓発を模索しながら実施する必要がある状況だとし、消費者庁が定期的に食品表示に関する周知の現状分析を行い、必要に応じて追加対応も検討する柔軟な対応が必要とされた。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top