食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

自民日EU対策本部、各グループのとりまとめ案提示

 自民党の日EU等経済協定対策本部が6月30日に開かれ、各グループが進めてきた日EU・EPA交渉にあたっての外交、農林水産などについての考え方が示された。案は幹部に一任され、岸田外相とマルムストローム欧州委員ら交渉結果をみながら安倍首相に同案の申し入れを行うとされた。
 農林水産関係については、グループの議論で取りまとめたとおり、攻めと守りにわける。守りについては、豚肉の差額関税制度を堅持するなど農業者が将来夢と希望をもてるようにすべきとするとともに、攻めについては、豚肉、鶏肉とそれらの加工食品のEUへの輸出解禁の実現に向け、政府をあげて全力を尽くすべきとしている。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top