食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

自民日EU対策本部、発効問わず早期マルキン引き上げの意見

 自民党の日EU等経済協定対策本部が20日、党内で開かれ、日EU・EPA交渉の大枠合意を踏まえた総合的な政策対応に関する基本方針について政府から説明された。出席した議員からはマルキン対策についてTPPの進ちょくを問わず、早い段階で対策を進めるようにと意見が出された。
 冒頭、石原伸晃経済再生担当相は「不安の声というものがある。それに対して十分な手立てをするというメッセージを党を中心に出していかなければならない」と述べた。
 TPP等政府対策本部の渋谷和久政策調整統括官はTPP大筋合意のときに基本方針を示したあと政策大綱を決定した経緯を振り返り、今回も同様に先般発表された政策対応に関する基本方針を踏まえ、11月頃に総合的なTPP関連政策大綱を改定すると説明。また日EU・EPAの経済効果分析を出す方針を明らかにした。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top