食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

台湾向け牛肉の輸出が22日再開、16道県から29施設を承認

 農水省はこのほど、台湾が日本産牛肉輸出施設(29施設、詳細は食肉速報に掲載)の承認を行ったと発表した。これにより、22日から台湾向けの日本産牛肉の輸出が可能となった。
 農水省は平成16年6月以降、厚労省と連携して、台湾政府当局との間で、日本産牛肉輸出のための協議を進めてきた。22日、台湾衛生福利部食品薬物管理署が日本産牛肉輸出施設について審査を終了し、29施設を承認。日本側の申請した施設すべてが承認された形となった。また、厚生労働省が「対台湾輸出牛肉取扱要綱」を定め、同日、都道府県に対して通知することにより輸出が可能となった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top