食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

台湾向け牛肉の輸出が22日再開、16道県から29施設を承認

 農水省はこのほど、台湾が日本産牛肉輸出施設(29施設、詳細は食肉速報に掲載)の承認を行ったと発表した。これにより、22日から台湾向けの日本産牛肉の輸出が可能となった。
 農水省は平成16年6月以降、厚労省と連携して、台湾政府当局との間で、日本産牛肉輸出のための協議を進めてきた。22日、台湾衛生福利部食品薬物管理署が日本産牛肉輸出施設について審査を終了し、29施設を承認。日本側の申請した施設すべてが承認された形となった。また、厚生労働省が「対台湾輸出牛肉取扱要綱」を定め、同日、都道府県に対して通知することにより輸出が可能となった。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top