食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

繁殖肥育一貫経営拡大へ、農水省が新事業、子牛供給過半目ざす

 農水省は、平成30年度予算概算要求に、新規事業で「繁殖肥育一貫経営等育成支援」を盛り込んだ。肉用牛の繁殖基盤強化に向け、新たに大規模肥育経営が繁殖部門を開始し、肥育経営からの経営内一貫化に取り組むことや、各産地での地域内の分業化・協業化を通じた一貫化を支援するもの。繁殖・肥育一貫の大規模法人経営のほか、放牧やCBS(キャトル・ブリーディング・ステーション)の活用により規模拡大を図る繁殖経営を増やし、これらの経営で子牛供給の過半を目ざす。素牛の安定確保や増頭、さらに出荷頭数拡大、高値が継続する価格への対策につながっていくことが期待される。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

CIPA日本支社にジェイムソン氏が赴任、仏産牛肉拡大図る

CIPA日本支社にジェイムソン氏が赴任、仏産牛肉拡大図る

 ヨーロッパ有数の食肉メーカーで、フランス食肉業界最大手であるBIGARDグループ傘下CIPA社の日本支社(CIPA JAPAN=東京都中央区新川)にこのほど、バンサイス.ジェイムソン氏(写真)が営業兼事業開発部長として赴任した。 BIGA...
More

◆製品

More
Return Top