食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

自民農林合同会議、平成29年度食育白書の本文案を幹部に一任

 17日に自民党内で開かれた自民党の農林部会などの合同会議で食育の推進に関して講じた施策に関する報告書である平成29年度食育白書の本文案が提示され、幹部に一任された。本文案は食育推進施策のほかにも地域における食育や食文化の継承のための活動など多面的にまとめられていることから議員におおむね評価された。補足として出席した議員から来年度からフードバンクやフードロスの内容を充実するよう要望が出された。
 平成29年度の白書では食育推進施策をめぐる状況と食育推進施策の具体的取り組みの2部構成となっており、食肉では主に、地元の食肉を使ってもらう観点から学校給食の地場産物の活用や地産地消の推進などが関係している。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top