食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

伊藤ハム・柴山社長が「子ども未来プロジェクト」で寄付金を贈呈


 伊藤ハムがことし1〜2月に実施した、アジアの子どもたちに教育の機会を提供するユニセフの活動を支援する「子ども未来プロジェクト」の贈呈式が19日、東京・港区の公益財団法人日本ユニセフ協会ユニセフハウスで執り行われた。贈呈式では、柴山育朗社長が寄付金(目録)を日本ユニセフ協会の早水研専務理事に贈呈し、早水専務理事からは柴山社長に感謝状が贈られた。伊藤ハムは、同プロジェクトで子ども用弁当向けなどに人気のポークビッツやトレンドのサラダチキンなどの対象商品((1)PRIMEあらびきグルメポークウインナー90g、90g×2(2)ポークビッツ71g、71g×2(3)チーズイン71g、71g×2(4)サラダチキン・プレーン(5)同・ハーブ(6)同・瀬戸内レモン(7)同・スモーク(8)同・ゆず胡椒)1パックにつき1円を日本ユニセフ協会へ寄付し、今回の合計寄付金額は1,366万8,306円。柴山社長は今後も継続的に支援を行う考えを示した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top