食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

岐阜県の豚コレラ患畜の確認で輸出停止、今後、輸出解禁要請


 農水省は9日、岐阜県岐阜市の養豚農場において、家畜伝染病である豚コレラの患畜が確認されたと発表した。中国でアフリカ豚コレラが続発しているが、精密検査を実施した結果、アフリカ豚コレラの感染でないことを確認している。農場の所在地は岐阜県岐阜市で、飼養状況が繁殖豚79頭、肥育豚531頭。当該農場は、豚コレラの疑いが生じた時点から飼養豚の移動を自粛。豚コレラの患畜が確認されたことを受けて豚およびイノシシ並びそれら由来製品の輸出を停止している。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top