食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

豚コレラ発生で業界にも懸念広がる、拡大目ざす輸出への影響も


 豚コレラが26年ぶりに国内で発生したことを受け、国内市場での大きな混乱などは今のところみられていないが、関係団体・企業では今後の豚肉需給、さらに他畜種への影響への懸念なども含め、状況を注視している。
 日本養豚協会では、中国でのアフリカ豚コレラ発生を受け、生産者へ向けて飼養衛生管理の徹底をホームページなどで呼びかけてきた。今回の国内での豚コレラ発生を受け、農水省など行政へ向けて豚コレラ再発防止、さらにアフリカ豚コレラの水際での防疫徹底を要請。また、今回の国内での豚コレラは、中国で続発しているアフリカ豚コレラとは異なるが、それを混同した問い合わせなども実際に寄せられており、行政や関係団体などと協力しながら防疫の徹底に加え、正しい情報発信にも注力していく。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top