食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

関西3市場の初せり以降の相場状況と今後の見通し


 大阪市中央卸売市場南港市場では、牛肉については年末まで高値が続いていたが、初せり以降は年末商戦後とあって落ち着いた相場となっている。和牛3等級や交雑牛2等級については低価格志向の品ぞろえ用として引き合いがあるものの、和牛4〜5等級についてはまちまちとなっている。買参者の好みに合う牛は高値だが、それ以外については弱基調だ。頭数は少なめだが、需要の弱まりから今後も相場は弱もちあいで推移しそう。京都市中央卸売市場第二市場の牛肉は、やや相場は下がっているものの、補充買いがみられたことで比較的堅調な相場が保たれた。とくに和牛3〜4等級が強めに推移する市場であることから、それらの等級は安定した価格となった。今後は補充買いも落ち着き相場は弱まるか。前週に比べると頭数もやや減少しそう。神戸市中央卸売市場西部市場は、年末がかなり高値で推移した分、年明けは弱基調とみられていたが、前年比でみるとほぼ前年並みで推移。ただ、他の市場と同様に、個体ごとの価格差がみられる。頭数についても前年並みで、現在のところ今後も計画どおり推移する見通し。(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top