食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

関西3市場の初せり以降の相場状況と今後の見通し


 大阪市中央卸売市場南港市場では、牛肉については年末まで高値が続いていたが、初せり以降は年末商戦後とあって落ち着いた相場となっている。和牛3等級や交雑牛2等級については低価格志向の品ぞろえ用として引き合いがあるものの、和牛4〜5等級についてはまちまちとなっている。買参者の好みに合う牛は高値だが、それ以外については弱基調だ。頭数は少なめだが、需要の弱まりから今後も相場は弱もちあいで推移しそう。京都市中央卸売市場第二市場の牛肉は、やや相場は下がっているものの、補充買いがみられたことで比較的堅調な相場が保たれた。とくに和牛3〜4等級が強めに推移する市場であることから、それらの等級は安定した価格となった。今後は補充買いも落ち着き相場は弱まるか。前週に比べると頭数もやや減少しそう。神戸市中央卸売市場西部市場は、年末がかなり高値で推移した分、年明けは弱基調とみられていたが、前年比でみるとほぼ前年並みで推移。ただ、他の市場と同様に、個体ごとの価格差がみられる。頭数についても前年並みで、現在のところ今後も計画どおり推移する見通し。(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top