食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

吉川農相、豚コレラ10例目「愛知の全農場でも指導の必要性ある」


 吉川農相は19日の閣議後会見で岐阜県瑞浪市の豚コレラについて「この農場のわりあい近いところで、野生猪が豚コレラにかかっていたということが確認されていた地域でもある。この約3㎞圏内に今回発生した農場があった。だが、それらの因果関係というのは、調査チームが入っており(調査結果が出るまで)、その野生猪が感染源だということを確定するわけにはいかないが、そういったことも考えられる」と述べ「飼養衛生管理の順守を徹底するために、岐阜県では34の農場に対してチームをつくって指導もさせていただいている。今回の農場は間もなくチームが入って指導をという状況のときだった」と語った。野生の猪に対して、ワクチン入りの餌をまくことついて「野生猪の豚コレラワクチンの使用経験がいままではない。よって知見が乏しい部分もあるが、一方、欧州においては、餌に混ぜたワクチンを、ドイツやフランスなどの一部地域で使用したことがある。このほどの野生猪の対策のオプションの一つとして、検討しているのは、使用方法、時期、回数、範囲。効果の判定手法について、情報収集や分析を行っている。その上で使用した場合のメリット・デメリットも整理していくといった検討を行っているが、この検討結果を踏まえて、わが国への応用の是非を判断してまいりたい。そんなに時間をかけられないかなとも思っている」との認識を示した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top