食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食肉処理でロボットやAI活用、最新の研究技術開発成果を紹介


 公益(財)日本食肉生産技術開発センター(関川和孝理事長)は、平成30年度研究開発成果発表会を15日、東京・大手町のKDDIホールで開催した。食肉生産技術研究組合で研究開発した成果などの普及を図るために行っているもの。当日は関係者約170人が参加。食肉処理の現場でロボットやAIなどの技術を導入し、自動化や省力化、効率化等を図る最新の研究技術開発成果が紹介された(詳細は食肉速報に掲載)

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top