食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

中国から持ち込まれた豚肉製品からのアフ豚ウイルスが分離

ことし1月に中国から日本に持ち込まれ任意放棄された豚肉製品4件からアフリカ豚コレラウイルスの遺伝子が確認されていたが、当該豚肉製品について専門機関でウイルス分離を行ったところ、2件の豚肉製品から、生きたウイルスが分離された。これにより、実際に感染力をもつアフリカ豚コレラウイルスが日本の水際まで到達されていたことが証明された。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top