食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ミヤチク都農工場が完成、「宮崎牛」ほか県産畜産物の新たな輸出拠点に

 宮崎県のミヤチク(同県都城市、有馬慎吾社長)は3月30日、施設の老朽化に伴い建設を進めていた新・都農工場(同県都農町)の竣工式を当地で開いた。神事には地元農業団体や施工業者、国会議員ら120人が出席。式典後の会見で有馬社長は新施設の安全性と衛生水準の高さを指摘した上で「県や県下農業団体、生産者一体となって全世界に県産畜産物の輸出を手掛け畜産物の有利販売と地域の活性化につなげていきたい」と抱負を語った。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top