食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

畜産部会で酪肉近の議論を開始、肉用牛関係者からヒアリング

 農水省は22日、東京都内で「食料・農業・農村政策審議会 畜産部会(平成31年度第1回)」を開催し、「酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」(酪肉近)の議論を開始した。酪肉近は政府が中長期的に取り組むべき方針を定めたもので、情勢変化などを踏まえ、5年ごとに定めるものとされている。今回は秋ごろをメドに酪肉近を諮問する。

◆行政・統計

[畜産物卸売価格・3月]和牛去勢A4は598円安

[畜産物卸売価格・3月]和牛去勢A4は598円安

 農水省食肉鶏卵課がまとめた3月の畜産物卸売価格の推移(資料面参照、食肉速報に掲載)によると、豚の全国と畜頭数(速報値)は141万9,100頭(前年同月比6.0%増)となった。豚肉の「極上」「上」は東京が483円(6円高)、大阪が525円(...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top