食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

平成30年度のと畜場数は前年から1カ所減の177カ所—厚労省

 厚労省は2日、平成30年度中の全国のと畜場・食鳥処理場数、と畜処理頭羽数などの調査結果をとりまとめた。30年度に実績のあると畜場は177カ所で、前年から1カ所減少した。と畜頭数は牛が106万1,403頭と前年から約8,202頭の増加となった。豚は1,641万1,263頭と前年から9万3,836頭増加した。
 食鳥は大規模処理場が146カ所で前年度並み、認定小規模食鳥処理場1,739カ所で37カ所減、処理羽数は8億2,009万7109羽で前年から1,691万2,468羽の増加となった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top