食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

平成30年度のと畜場数は前年から1カ所減の177カ所—厚労省

 厚労省は2日、平成30年度中の全国のと畜場・食鳥処理場数、と畜処理頭羽数などの調査結果をとりまとめた。30年度に実績のあると畜場は177カ所で、前年から1カ所減少した。と畜頭数は牛が106万1,403頭と前年から約8,202頭の増加となった。豚は1,641万1,263頭と前年から9万3,836頭増加した。
 食鳥は大規模処理場が146カ所で前年度並み、認定小規模食鳥処理場1,739カ所で37カ所減、処理羽数は8億2,009万7109羽で前年から1,691万2,468羽の増加となった。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top