食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

平成30年度のと畜場数は前年から1カ所減の177カ所—厚労省

 厚労省は2日、平成30年度中の全国のと畜場・食鳥処理場数、と畜処理頭羽数などの調査結果をとりまとめた。30年度に実績のあると畜場は177カ所で、前年から1カ所減少した。と畜頭数は牛が106万1,403頭と前年から約8,202頭の増加となった。豚は1,641万1,263頭と前年から9万3,836頭増加した。
 食鳥は大規模処理場が146カ所で前年度並み、認定小規模食鳥処理場1,739カ所で37カ所減、処理羽数は8億2,009万7109羽で前年から1,691万2,468羽の増加となった。

◆行政・統計

農水省が「♯元気いただきますプロジェクト」スタート

農水省が「♯元気いただきますプロジェクト」スタート

 農水省は、牛肉など新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が顕著な品目について、販売を促進するために国産農林水産物等販売促進緊急対策を実施しており、その名称を「♯元気いただきますプロジェクト」に決定した。ロゴマーク(写真)も決定するととも...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top