食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

全肉連食育サイト「おにくらぶ」充実へ、新たにレシピ集も

 全国食肉事業協同組合連合会は、平成31年度国産食肉理解醸成食育推進事業の事業推進専門委員会(委員長=安部新一・宮城学院女子大教授)を7月25日、都内で開き、昨年度の事業実績を報告するとともに、今年度の事業計画案を説明し、今後の取り組みの方向性について了承を得た。
 冒頭、主催者として木村元治専務があいさつし、食育の事業を昨年度から3年間の事業として本格実施しており、これまでにDVD「お肉が食卓にとどくまで」を作成し「食材の安全性や栄養にとどまらず、食への感謝、命をいただくことなどお肉ならではの内容を盛り込み好評を得ている」ことなどを説明。昨年度はこのDVDのインターネット上での配信を含め、食肉の食育のプラットフォームとして、食育サイト「おにくらぶ」を開設し「『おにクイズ』や『おにくらぶたいそう』もつくり、頭や体を動かすサイト構築に取り組んだ」。農水省や全農などとも協力し「業界をあげて食育に取り組み始めつつあり、そうした流れが出てきている。今年度は『おにくらぶ』の中身を質的にさらに充実させていきたい」とした。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top