食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

(株)銀閣寺大西(京都市)がシンガポールに食肉専門店を初出店

 京都を中心に食肉小売・卸を展開する銀閣寺大西は16日、シンガポールに食肉専門店を出店した。海外への出店は初。オープン当日には多くの来店があり、にぎわった。2015年2月に京都の輸出用ブランド「Kyoto Beef雅(みやび)」をシンガポールに輸出して以来、同社はバンコク、香港、マカオ、台湾、米国、ドイツ、イタリア、フランス、クロアチアなどに牛肉を輸出。ことし2月には京都市中央食肉市場経由第1号としてタイへ輸出している。
 今回の出店はシンガポールでステーキハウスなどを展開する取引先「アストングループ」の要望によるもの。同グループは40店舗を展開するシンガポールの飲食メジャー企業だが、輸出部位はサーロイン、ヒレがメインだった。銀閣寺大西では各国への輸出の際に食べ方やロイン系以外の部位の活用方法についてシェフなどを対象に提案を行ってきたため、現在はロイン系以外の部位の輸出が増えてきているが、「それでは間に合わないくらい輸出量が増えてきた」ことを受け、「食肉専門店として他の部位もおいしいということを伝えたい」との思いも合致し、″カット技術や日本の食文化を含めて輸出する"ため今回の出店に至った。同社からは社員1人を送り、他のスタッフは現地で採用した。

◆行政・統計

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

 自民党の令和元年台風19号非常災害対策本部が17日、党内で開かれ、被害状況および政府の対応状況について説明された。 岸田文雄政務調査会長は「台風19号の被害についてはその実態が明らかになるにつれ、その深刻さ、範囲の大きさを改めて痛感してい...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

 世界的和牛ブランド「神戸ビーフ」のブランド管理・運営を行う神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は10月1日と畜分から、偽装対策として枝肉の肉片をDNA鑑定用に採取、乾燥保管している。 姫路市の和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top