食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

(株)銀閣寺大西(京都市)がシンガポールに食肉専門店を初出店

 京都を中心に食肉小売・卸を展開する銀閣寺大西は16日、シンガポールに食肉専門店を出店した。海外への出店は初。オープン当日には多くの来店があり、にぎわった。2015年2月に京都の輸出用ブランド「Kyoto Beef雅(みやび)」をシンガポールに輸出して以来、同社はバンコク、香港、マカオ、台湾、米国、ドイツ、イタリア、フランス、クロアチアなどに牛肉を輸出。ことし2月には京都市中央食肉市場経由第1号としてタイへ輸出している。
 今回の出店はシンガポールでステーキハウスなどを展開する取引先「アストングループ」の要望によるもの。同グループは40店舗を展開するシンガポールの飲食メジャー企業だが、輸出部位はサーロイン、ヒレがメインだった。銀閣寺大西では各国への輸出の際に食べ方やロイン系以外の部位の活用方法についてシェフなどを対象に提案を行ってきたため、現在はロイン系以外の部位の輸出が増えてきているが、「それでは間に合わないくらい輸出量が増えてきた」ことを受け、「食肉専門店として他の部位もおいしいということを伝えたい」との思いも合致し、″カット技術や日本の食文化を含めて輸出する"ため今回の出店に至った。同社からは社員1人を送り、他のスタッフは現地で採用した。

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top