食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

神戸大学で黒毛和牛の魅力創出セミナーを開催

 神戸大学農学研究科と黒毛和牛の魅力創出技術研究会は11日、神戸大学瀧川記念学術交流会館で畜産業界の関係者や一般消費者らを対象に「黒毛和牛の魅力創出セミナー」を開催し、約80人が参加した。
 本セミナーは日本中央競馬会(JRA)特別振興資金助成事業の一つとして、各分野の専門家を招き、(1)黒毛和牛の肉質、おいしさに関する最近の知見(2)畜産物の海外輸出促進に向けた取り組み(3)冷蔵・冷凍技術の進歩—に関する講演を行い、畜産関係者と一般消費者に対する国産黒毛和種の新たな魅力の情報提供することを目的として実施。ことしで3回目となる。
 セミナーでは神戸大学の上田修司助教授が「黒毛和牛の魅力創出技術構築事業の紹介」、農研機構の佐々木啓介ユニット長が「和牛肉の『食べてわかる特性』を評価する官能評価技術」、日本獣医生命科学大学の松石昌典教授が「牛肉および牛肉加工品の香りとおいしさ」、日本畜産物輸出促進協議会の強谷雅彦事務局長が「日本産和牛ブランドの攻防」、東京東洋大学の鈴木徹教授が「冷凍ー保管ー解凍で食品素材の美味キープと美味アップ」についてそれぞれ講演を行った。 

◆行政・統計

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

 自民党の令和元年台風19号非常災害対策本部が17日、党内で開かれ、被害状況および政府の対応状況について説明された。 岸田文雄政務調査会長は「台風19号の被害についてはその実態が明らかになるにつれ、その深刻さ、範囲の大きさを改めて痛感してい...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

 世界的和牛ブランド「神戸ビーフ」のブランド管理・運営を行う神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は10月1日と畜分から、偽装対策として枝肉の肉片をDNA鑑定用に採取、乾燥保管している。 姫路市の和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top