食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

神戸大学で黒毛和牛の魅力創出セミナーを開催

 神戸大学農学研究科と黒毛和牛の魅力創出技術研究会は11日、神戸大学瀧川記念学術交流会館で畜産業界の関係者や一般消費者らを対象に「黒毛和牛の魅力創出セミナー」を開催し、約80人が参加した。
 本セミナーは日本中央競馬会(JRA)特別振興資金助成事業の一つとして、各分野の専門家を招き、(1)黒毛和牛の肉質、おいしさに関する最近の知見(2)畜産物の海外輸出促進に向けた取り組み(3)冷蔵・冷凍技術の進歩—に関する講演を行い、畜産関係者と一般消費者に対する国産黒毛和種の新たな魅力の情報提供することを目的として実施。ことしで3回目となる。
 セミナーでは神戸大学の上田修司助教授が「黒毛和牛の魅力創出技術構築事業の紹介」、農研機構の佐々木啓介ユニット長が「和牛肉の『食べてわかる特性』を評価する官能評価技術」、日本獣医生命科学大学の松石昌典教授が「牛肉および牛肉加工品の香りとおいしさ」、日本畜産物輸出促進協議会の強谷雅彦事務局長が「日本産和牛ブランドの攻防」、東京東洋大学の鈴木徹教授が「冷凍ー保管ー解凍で食品素材の美味キープと美味アップ」についてそれぞれ講演を行った。 

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top