食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

 スペイン大使館経済商務部では、スペイン産豚肉をより深く理解してもらうための日本向けキャンペーン「美食の国が育んだ、スペインポーク」を今後数年間の予定で実施する。これはスペイン貿易投資庁(ICEX)が、養豚産業がスペインの基幹産業であることから、スペイン豚肉セクター最大の非営利団体、インターポーク(スペイン白豚肉生産加工産業の専門職間連携団体)と協働で、日本市場におけるスペイン産豚肉のプロモーション強化を目的に展開するもの。ウェブサイト(https://spanishpork.jp)やインスタグラムの専用アカウント(@spanishporkjapan)を開設し広く情報発信を行うほか、スペインの業界関係者に向けて日本市場に関するセミナー開催、店頭での試食販売なども予定している。ICEXとインターポークが協働でプロモーションを展開するのは初。日本市場で伸張著しいスペインポークについて、業界関係者、さらに消費者へ向けてさらなる拡大を目ざす。12日にはキックオフイベントとして、報道関係者などを招いたランチョンセミナー、さらに約100人のシェフを対象にしたシェフ向けセミナーが開催された。東京・中央区のスペインクラブ銀座で開催されたランチョンセミナーでは「ミシュランガイド上海」掲載レストラン「ザ・コミューンソーシャル」ヘッドシェフのスペイン人シェフ、セルヒオ・モレノ氏が今回のために特別に考案したスペイン産白豚肉のオリジナル料理3種(豚バラ肉のソフリート、豚ロースとビーツのラビオリ、ポークチャックのシェリー煮)を紹介。さらにスペインクラブ銀座専属コルタドールによるハモンセラーノのカッティング実演も行われた。

◆行政・統計

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

 自民党の令和元年台風19号非常災害対策本部が17日、党内で開かれ、被害状況および政府の対応状況について説明された。 岸田文雄政務調査会長は「台風19号の被害についてはその実態が明らかになるにつれ、その深刻さ、範囲の大きさを改めて痛感してい...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

 世界的和牛ブランド「神戸ビーフ」のブランド管理・運営を行う神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は10月1日と畜分から、偽装対策として枝肉の肉片をDNA鑑定用に採取、乾燥保管している。 姫路市の和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top