食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

 伊藤ハムは「醇」シリーズへの永年の愛顧に感謝して、「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施する。キャンペーンのポイントは(1)賛否両論の笠原氏監修のギフトをプレゼント=応募券2枚を集めて応募すると、抽選で合計200人に東京都恵比寿の人気和食料理店「賛否両論」店主・笠原将弘氏監修のギフトセットをプレゼント!(2)和のローストビーフギフトが抽選で100人に当たる=Aコースは、笠原氏が監修した和のローストビーフギフト。穀物肥育牛を使用し、肉のうまみを引き立てるために「焙煎黒胡椒(ばいせんくろこしょう)」をほどよく使用している。「わさびしょうゆソース」と「ゆず風味ソース」の2種類のソースで食べられる(3)こだわりの和総菜セットが抽選で100人に当たる=Bコースは豚カタロース肉を使用した「釜炊き叉焼(チャーシュー)」をはじめ、皮付き豚バラ肉を軟らかく煮込んだ「豚角煮」、鶏モモ肉でいんげん・ごぼう・にんじんを巻き、香ばしく焼いた「鶏の野菜巻山椒風味」など、こだわりの和総菜6品を詰め合わせた。
 キャンペーン概要は次のとおり。タイトル 「醇」もらってうれしいキャンペーン▽期間・応募締め切り 9月12日〜11月15日(当日消印有効)▽応募方法 対象商品の表面に印刷されている応募券2枚を切り取り、専用応募はがきまたは郵便はがきに添付し、郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・希望のコースを明記の上、応募する。1人何口でも応募できるが、はがき1枚につき1口とする▽応募あて先 〒277-8691、日本郵便(株)柏郵便局私書箱第16号 伊藤ハム「醇」もらってうれしいキャンペーン係▽景品・当選者数 「賛否両論ローストビーフセット」=抽選で100人、「賛否両論こだわりの和惣菜セット」=抽選で100人▽対象商品 「醇」シリーズ全品(特撰ももハム、特撰ロースハム、特撰ベーコン)

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top