食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

豚コレラワクチン接種へ防疫指針改定に着手、ワクチンメーカーに増産依頼

 江藤拓農相は20日、農水省内で記者会見を行い、同日に開いた農水省豚コレラ防疫対策本部で①豚コレラワクチンが接種できるよう防疫指針の改定作業に着手すること②豚コレラワクチンメーカーに増産依頼すること―の2点を決定したと発表した。この決定を受けて、農水省は牛豚等疾病小委員会を定期的に開き、防疫指針の改定案を取りまとめていく。その後、パブコメなどの法的手順を経た上で、家畜衛生部会の答申を得て新しい防疫指針を施行する流れとなる。これにより、都道府県知事が予防的ワクチンを養豚農家に命ずることができるようになる。今後のスケジュールについて江藤農相は「いつ、どのタイミングで都道府県知事が判断の上にワクチン接種が可能になるかは予断をもってお答えできない」としている。
 ワクチンの増産について江藤農相は「国内で現在、ワクチン製造できるところは2社。増産の要請を出しても完成するのは検査を含めると2カ月半近くかかる。将来的に予断を許さないため、できる限りの数を確保したい。現在、国が備蓄しているワクチンは100万個。入れ替えの時期に差し掛かっているワクチンが50万個ある。50万個のほうも向こう2カ月間は有効性を確保できるとの検査結果が出ている。合わせて150万個の手持ちがあり、さらに増産する」と説明した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top