食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

豚コレラワクチン接種へ防疫指針改定に着手、ワクチンメーカーに増産依頼

 江藤拓農相は20日、農水省内で記者会見を行い、同日に開いた農水省豚コレラ防疫対策本部で①豚コレラワクチンが接種できるよう防疫指針の改定作業に着手すること②豚コレラワクチンメーカーに増産依頼すること―の2点を決定したと発表した。この決定を受けて、農水省は牛豚等疾病小委員会を定期的に開き、防疫指針の改定案を取りまとめていく。その後、パブコメなどの法的手順を経た上で、家畜衛生部会の答申を得て新しい防疫指針を施行する流れとなる。これにより、都道府県知事が予防的ワクチンを養豚農家に命ずることができるようになる。今後のスケジュールについて江藤農相は「いつ、どのタイミングで都道府県知事が判断の上にワクチン接種が可能になるかは予断をもってお答えできない」としている。
 ワクチンの増産について江藤農相は「国内で現在、ワクチン製造できるところは2社。増産の要請を出しても完成するのは検査を含めると2カ月半近くかかる。将来的に予断を許さないため、できる限りの数を確保したい。現在、国が備蓄しているワクチンは100万個。入れ替えの時期に差し掛かっているワクチンが50万個ある。50万個のほうも向こう2カ月間は有効性を確保できるとの検査結果が出ている。合わせて150万個の手持ちがあり、さらに増産する」と説明した。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top