食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

日米貿易協定が最終合意、牛肉はTPPと同内容で9%まで関税削減

 農水省は26日、安倍首相と米国のトランプ大統領が首脳会談を行い、日米貿易協定が最終合意したと発表した。10月の臨時国会で審議され、年内にも発効される見通し。
 農林水産品の合意は、牛肉がTPPと同内容で9%まで関税削減し、セーフガード付きで長期の関税削減期間を確保した。セーフガード発動基準数量は、2020年度に24.2万tとなり、以後、TPPの発動基準と同様に増加し、33年度に29.3万tとなる。23年度以降については、TPP11協定が修正されていれば、米国とTPP11発効国からの輸入を含むTPP全体の発動基準に移行する方向で協議することになっている。
 豚肉についてもTPPと同内容で、従価税部分について関税を撤廃、従量税部分について関税を50円/kgまで削減する。差額関税制度と分岐点価格(524円/kg)を維持し、セーフガード付きで長期の関税削減期間を確保した。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top