食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

家畜衛生部会で飼養衛生管理基準の見直しについて議論

 農水省は3日、省内で「食料・農業・農村政策審議会第37回家畜衛生部会」を開催し、飼養衛生管理基準の見直しについて議論した。出席した委員からは農場の末端の従業員まで飼養衛生管理基準を順守させる方法などを考えるべきなどと意見が出された。今後は牛豚等疾病小委員会で基準等の改正の方針について議論し、その議論の結果を家畜衛生部会に報告し、家畜衛生部会から基準の改正の方針について答申を得た後、所要の手続を経て、速やかに飼養衛生管理基準を改正する。
 事務局から提示された豚コレラ・アフリカ豚コレラ対策の強化を念頭に置いて飼養衛生管理基準等の改正の方針では(1)衛生管理区域及び畜舎に出入りする人・物品・車両などによる病原体の侵入防止措置(更衣前後の交差汚染防止等)(2)肉を扱う事業所等から排出される食品残さの飼料利用における適正な処理及び管理(3)防護柵の設置等による農場への野生動物の侵入防止措置、防鳥ネット等の設置による畜舎又は堆肥舎などへの野生動物(野鳥、小動物等)の侵入防止措置(4)他の農場等における伝染性疾病の発生時における、畜舎外における家畜の移動方法の制限(5)飼養衛生管理に関するマニュアル作成並びに従業員及び関係者への周知徹底—をあげている。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top