食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次いで香港、台湾、米国と続く。
 表記以外(食肉速報に掲載)のその他国はオランダ、フィリピン、マレーシアなど。10月分輸出額は25億8,243万円(15.2%増)となり、輸出単価は6,993円。輸出内訳は冷蔵17万9,270kg(11.2%増)で冷凍19万6kg(22.6%増)。金額ベースは冷蔵が前年比3.9%増、冷凍が27.5%増。

◆行政・統計

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

 農水省は22日、省内で家畜衛生主任者会議を開催し、令和3年度家畜衛生対策などについて協議した。同会議には各農政局、各都道府県、動物検疫所、動物医薬品検査所、農研機構動物衛生研究部門、FAMIC、省内関係部局担当者らなど関係者が参加した。 ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

 神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は22日、「神戸ビーフ・但馬牛応援キャンペーン」を4月26日から5月31日の期間、開催すると発表した。期間中、指定登録店で税込3千円以上「神戸ビーフ」「但馬牛」を購入・喫食すると、抽選で3千人に、6個入り...
More

◆製品

More
Return Top