食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

和牛遺伝資源の知財専門部会が論点整理、行為規制手法が有効

 第3回和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護強化に関する専門部会が17日、東京都内で開かれ、論点整理が行われた。畜産より法律の専門的見地から行為規正手法が有効などと指摘された。
 論点整理で基本的認識について家畜の改良は、優秀な形質を発現する遺伝資源を有する個体の選抜・増殖を繰り返し、より能力の高い家畜を生み出していくプロセスであり、同じ家畜の種類であっても肉質などの点で品質上の差別化を図ることができるという点で、畜産関係者による知的創造活動であり、このプロセスを通じて生み出された和牛遺伝資源は、知的財産としての価値を有しているということができる。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top