食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

農水省食肉鶏卵課19年10大ニュース、日米貿易協定が締結など

 農水省食肉鶏卵課は24日、2019年10大ニュースを公表した。1位は「日米貿易協定が締結、来年1月1日に発効へ」だった。2位以下は次のとおり。なお、4位と6位は2項目ある。
 2位=肉用牛・酪農生産拡大プロジェクト決定。肉用牛の増頭・増産へ▽3位=牛肉輸出目標250億円を達成見込み。対米輸出認定施設は13、対EU輸出認定施設7への拡大、日米貿易協定による低関税枠の大幅拡大、日中動物衛生検疫協定署名など今後の牛肉輸出拡大も期待▽4位=ASF猛威おさまらず、発生国(地域)拡大。わが国を始めとする各国の食肉需給・価格の変動要因▽4位=CSFに伴う関連対策の実施、飼養豚にワクチン接種開始▽6位=食肉流通再編・輸出促進事業(令和元補正:50億円、令和2当初:30億円)が概算決定▽6位=農林水産物輸出促進法成立。新たな司令塔組織設置で輸出拡大を推進▽8位=鶏卵生産者経営安定対策事業を基金化へ。鶏卵輸出も好調(ハワイへ初輸出)▽9位=TPP11、日欧EPAが発効▽10位=放射性物質にかかる4県の牛肉の出荷制限が解除され、モニタリング検査へ移行。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top