食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ことしやや厳しいか、五輪影響不透明—和牛枝肉相場の推移占う

 昨年は、需要期である4月にむしろ3月より安値となったり、同じく需要期の7月が6月よりも下落し、また9月より10月が下落するという、あべこべばかりが続いた。これはまさに仕入れに対して荷動きが悪い時にみられる現象だ。昨年11〜12月も非常に動きが悪かったが、これも同様の流れを受けたものとみられる。昨年は表面上の相場に比べて、実勢としての動きはさらに弱かったのだと思われる。
 ことし2020年については、農水省発表の昨年2月1日現在の畜産統計によると、和牛を含む肉用種の飼養頭数は前年比1.9%増となっており、また、本紙予測の食肉需給の見通しによると、ことしのと畜頭数は46万9,753頭前後(前年比1.9%増)になる見通し。順調に生産量は回復に向かっていることを勘案すると、ことしの和牛相場は各等級において昨年に比べておおむねキロ50〜150円マイナスで推移すると予測する。これを受けたことし1〜12月の東京市場の和牛A5等級の月間平均価格を次のとおり予測する(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会が3月31日、コロナ影響により、書面を通して開催され、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針と家畜改良増殖目標、鶏の改良増殖目標について適当と答申した。 酪肉近で令和12年度牛肉の生産数量目標...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top