食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

ことしやや厳しいか、五輪影響不透明—和牛枝肉相場の推移占う

 昨年は、需要期である4月にむしろ3月より安値となったり、同じく需要期の7月が6月よりも下落し、また9月より10月が下落するという、あべこべばかりが続いた。これはまさに仕入れに対して荷動きが悪い時にみられる現象だ。昨年11〜12月も非常に動きが悪かったが、これも同様の流れを受けたものとみられる。昨年は表面上の相場に比べて、実勢としての動きはさらに弱かったのだと思われる。
 ことし2020年については、農水省発表の昨年2月1日現在の畜産統計によると、和牛を含む肉用種の飼養頭数は前年比1.9%増となっており、また、本紙予測の食肉需給の見通しによると、ことしのと畜頭数は46万9,753頭前後(前年比1.9%増)になる見通し。順調に生産量は回復に向かっていることを勘案すると、ことしの和牛相場は各等級において昨年に比べておおむねキロ50〜150円マイナスで推移すると予測する。これを受けたことし1〜12月の東京市場の和牛A5等級の月間平均価格を次のとおり予測する(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆トレンド

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top