食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日本へのASF侵入リスクを評価—伊藤記念財団助成研究で成果

 公益(財)伊藤記念財団はこのほど、「平成30年度食肉に関する助成研究調査成果報告書(VOL.37)」を刊行した。昨年度の助成事業で実施された84件の研究成果報告を取りまとめたもの。このうち「ASF(アフリカ豚コレラ)の侵入リスク評価に関する疫学研究」(東京大学大学院農学生命科学研究科・杉浦勝明氏、芳賀猛氏)では、迅速リスク評価を行い、世界のASF専門家の意見を基に日本への侵入経路として可能性の高い経路、侵入源として可能性の高い国などを特定した。また、リスク評価の結果を踏まえて実施した養豚農家を対象とするアンケート調査の結果、養豚場での外国人労働者の雇用状況、残飯給与の実施状況などに関するデータを入手。日本へのASFの侵入リスクが増大している状況下で、これらは行政機関と養豚農家によるリスク管理に有用な情報を提供するものであり、今後さらに精緻なリスク評価を進めていきたいとしている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top