食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

食品衛生管理に関する技術検討会、と畜場などの手引書を確認

 第22回食品衛生管理に関する技術検討会が3日、都内で開かれ、と畜場、ケーシングの製造などの衛生管理計画手引書案を確認した。 
 と畜場の衛生管理計画手引書案は獣畜の搬入から枝肉を製造するまでの工程に関し、国内のすべてのと畜場に義務づけられているHACCPに基づく衛生管理を導入するにあたって留意すべき事項と例示を記載した。
 手引書では、目標とする最終製品(牛枝肉または豚枝肉)の規格として、「ふん便、腸管内容物、乳汁による汚染がないこと」とする。枝肉の流通実態にでは、各と畜場では、出荷先が要求する微生物基準に適合するよう製造する必要があり、そのため、手引書では具体的な微生物目標値ではなく、目視可能な汚染物の排除を安全上の規格に設定した。
 と畜・解体処理では、加熱殺菌工程がないため、着実な一般衛生管理の実施し、と畜・解体工程中の枝肉へのふん便、腸管内容物、外皮からの汚染を防ぎ、可能な限り微生物汚染を低減させることがHACCPに基づく衛生管理の大前提となる。

◆行政・統計

家畜衛生部会でハンガリー産豚肉輸入について答申—農水省

家畜衛生部会でハンガリー産豚肉輸入について答申—農水省

 農水省は27日、食料・農業・農村政策審議会第48回家畜衛生部会を開催。ASFのゾーニング(地域主義)を適用したハンガリーからの生鮮豚肉の輸入再開について答申し、同国が行うASFの措置だけでなく、適切な上乗せのリスク管理措置を科すことで、ゾ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

ニチレイ「純和鶏」、持続可能な特色JAS鶏肉認定第1号に

ニチレイ「純和鶏」、持続可能な特色JAS鶏肉認定第1号に

 ニチレイフレッシュは23日、国産鶏種普及を目的に生産資源の循環などに持続性(サスティナビリティー)とアニマルウェルフェアを考慮した新たなJAS規格「持続可能性に配慮した鶏肉(=持続可能な特色JAS鶏肉)」の第1号として「純国産鶏種 純和鶏...
More
Return Top