食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

 江藤農相、家畜改良増殖法改正案「和牛をしっかり守っていきたい」

 江藤農相は3日の閣議後会見で家畜改良増殖法の一部を改正する法律案、家畜遺伝資源にかかる不正競争の防止に関する法律案が閣議決定されたことを受けて「家畜改良増殖法の一部を改正する法律案については、家畜人工授精用精液の保存等に関する措置の強化、とくに適正な流通を確保する必要がある和牛の精液、受精卵について容器への表示、譲渡等の記録の義務付け、これらの措置を講ずるもの。次に家畜遺伝資源にかかる不正競争の防止に関する法律案については、家畜遺伝資源の不正取得などを不正競争として類型化し、当該不正取得等に対する差止請求等の民事上の救済措置および刑事罰の整備を行うものである。この2つの法律案により、家畜人工授精用精液などの適正な生産・流通・利用を確保し、家畜遺伝資源の知的財産としての価値を保護することにより、日本の宝である和牛をしっかりと守っていきたい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top