食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

常陸牛共励会開催、(株)大和が名誉賞受賞し、(株)スズチクが落札

 茨城県常陸牛振興協会は4日、東京食肉市場で第47回茨城県常陸牛共励会を開催。黒毛和種80頭(雌9頭、去勢71頭)が上場し、名誉賞には(株)大和の出品牛(去勢、A5、枝肉重量537kg、BMS No.12、ロースしん面積102平方cm、バラの厚さ9・6cm)が輝き、(株)スズチクがキロ単価3,215円で落札した。
 審査講評では「昨年の大会から枝肉重量は変わっていないものの、BMSやバラの厚さなどが向上しており、全体的に肉質の良いものが多かった」と全体が総括され、名誉賞については「ハリよく、ロースしんも極太で、サシの質も高い見事な枝肉だった」と評された。
 なお、共励会前日には東京・港区の品川プリンスホテルで前夜祭が開かれ、卸売業者や東京食肉市場関係者、常陸牛生産者らが交流した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top