食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

令和12年度牛肉の生産数量目標は枝肉換算で57万t、自民畜酪対策委

 自民党の畜産・酪農対策委員会が18日、党内で開かれ、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針(酪肉近)の見直し案が提示された。令和12年度牛肉の生産数量目標は枝肉換算で57万t(前回酪肉近52万t)、部分肉換算で40万t(前回数値なし)。肉用牛の全国飼養頭数目標は303万1千頭(現状250万9千t)とされた。
 牛肉については繁殖雌牛・和牛受精卵の増産、酪農経営における和牛受精卵の利用促進などにより、和牛の生産量を増加していくとの考えで設定された。令和12年度の食肉処理施設の稼働率目標については70〜90%以上に設定。再編合理化後の1日あたりの処理能力は1千頭以上、処理頭数は700〜900頭以上とした。食肉処理施設については、近年、稼働率の低迷、施設の老朽化、労働力不足という課題に直面している一方、生産者サイドでは、高齢化・後継者不足が進展などの課題がある。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top